ゆかた、着よっか!=浴衣を着ると決めたその日から

日本の文化といえば硬い感じがするけれど
その中に生活の知恵や粋、心、想いが込められた着物
比較的簡単に誰でも着れる ゆ か た のお話です

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 浴衣の準備確認 | TOP | 浴衣を脱いだら… >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - |

    去年の浴衣を、また、着るために…

    0
       今年は、浴衣買う、買わない?
      と迷っている方、いらっしゃいますか?

      そうですね
      去年の浴衣、気に入って買ったんだけど、今年も同じゃ、なんかなぁ〜

      と思っている方はいませんか?

      1度きり、でしまっておくのはもったいないですよ

      彼氏が同じ→着物を覚えてる?という心配がある

      いえいえ、意外と覚えていないものです
      (全体の色ぐらいは覚えているかもしれませんが…)

      今年も同じものでもいいんです

      ただ、去年と全く同じ着方をするのではなく


      ‖咾亮鑪爐鯤僂┐…と印象が全く変わります

      例えば、去年半幅帯だったら、今年は、兵児帯を使う

      帯の色を変える

      例えば
      去年、青系統の着物にピンク系の帯だったら
      薄水色や白に変える

      例えば
      薄色地の着物で、去年花の色の帯だったら今年は葉っぱの色とか
      他にがらで使っている色を使う

      さらに上級を狙うなら…博多帯(高額なもの、ですが)
      これは幾何学的な、模様なので、柄にも影響せず
      幅広く使える代表的な、帯です

      B咾侶襪喨を変えたり、飾り紐(帯締め)を付ける
      帯結びには、いろいろな結び型があります
      文庫系でも、羽の数を増やしたり長めにたらしたり…

      そいういう意味で、半幅帯もいろんなアレンジができるように長めの物が
      出ているそうですね

      さらにお太鼓系の帯結びをして、帯に飾り紐を付けるとか
      そうすることで、かなり印象が変わりますよ


      スポンサーサイト

      0

        11:40 | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://wasou-yukata.jugem.jp/trackback/19

        トラックバック

        ▲top