ゆかた、着よっか!=浴衣を着ると決めたその日から

日本の文化といえば硬い感じがするけれど
その中に生活の知恵や粋、心、想いが込められた着物
比較的簡単に誰でも着れる ゆ か た のお話です

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 今年の浴衣 …レトロモダンてどんな着物? | TOP |

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - |

    浴衣の帯の長さ

    0
      通常、着物で使うのは「帯」と呼びます。
      この帯の幅は「並幅」といい約36センチあります。

      並幅の帯の半分幅なのが「半幅帯」です。
      ※標準は「4寸」らしいです…

      半幅帯は、略式の帯、またはカジュアルな帯、という認識でいいと思います。
      (細帯、とも言われるそうですが、私の認識では、半幅より細い幅の帯を見たことがあり、それを細帯とよんでいたような気がします。ま諸説あるようです)
      長さは、通常3.6メートルです。
      が、今は専門店にいけば、もう少し長い半幅帯も売っています。
      (私の勤め先では4メートルのものを取り扱っていました)

      手の込んだ帯結びを作りたい時は、長めの帯を使います。長さがあったほうがよりバリエーションのある帯結びができるからです。


      ただ、昔の人は自分で着物を縫うように自分でも帯を作っていました。
      その場合、自分にあった長さで作っていたようです。

      例えば私の母は着物も帯も自分で縫っていました。背が小さいので帯も短いのです、なのでお下がりはもらっても使えません(私はちょっと太っていて…笑)

      半幅帯の長さが同じでも、太っている人と痩せている人では、作れる帯結びの形やバリエーションが違ってきます。

      例えば同じ文庫でも痩せている人の文庫のタレは長くできるので、ひっくり返したり、左右の長さを変えたりアレンジを加える事ができます。

      が、太っている人は、胴回りに長さを取られますから、場合によっては、羽の長さが足りなくて2重ではなく1重にしかならなかったりするわけです。

      ある意味、太っている人は、着付け師泣かせですよね。

      スポンサーサイト

      0

        08:13 | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://wasou-yukata.jugem.jp/trackback/41

        トラックバック

        ▲top